WORKS-クラフトメイドハウスが手がける輸入住宅-

#20-アルバローズ色のジョージアンな家-

DESCRIPTION

初めてお会いした際に拝見した、奥様が長いあいだ集められた雑誌の切り抜きなどでまとめられたスクラップ帳。とても夢がいっぱい詰まったそのスクラップ帳に賛同して家づくりを行なってきました。家づくりはイメージで想像していても中々スケール感含めて現実にならないとわかりづらいこともあり、特に細部の収納や壁紙、照明に至るまで進捗に合わせてその都度仕様を決めていくなど、ほぼお引越しまで工事をするという名残惜しむ間もないスケジュールとなりましたが、またそれも思い出深い家づくりとなりました。思い起こせば間取りを作成しているときからなぜか水回りが多く、それを奥様にいかに納得のいく説明で減らすかをご主人とお打ち合わせを重ねたのが懐かしく思います。室内とは別にすんなり決まったのは外壁の煉瓦で、メンテナンスを少なくしたいという点から外観は王道のジョージアンスタイルに決まりました。室内は要所要所に奥様のこだわりが散りばめられていて、なんといってもLDKフロアのヘリンボーン。各室内はドライウォールで仕上げましたが、水回りや収納内、小屋裏至るまで昔から好きだったという壁紙を厳選し貼りました。そしてもう一つのこだわりでタイルを要所に貼っていますが、キッチンタイルは専門デザイナーさんとのコラボレーション。オリジナルのキッチンによく合うデザインとなりLDKの空間に非常に良いアクセントなっています。細かい部分では階段を一部スキップフロアに。TVボードや洗面化粧台、レンジ台は弊社オリジナル造作で。浴室から眺める窓からは坪庭風に外構を施しました。まだまだ奥様はやりたいことがあるかと思いますが、続きはこれからご家族のご成長に合わせてまたお手伝いをしていけたらと思います。

MORE-もっと事例を見る-

PAGETOP